WordPressでサイトマップページを簡単に作る方法

WordPressでサイトマップページを簡単に生成したいと思ってたら、意外に簡単なプラグインがありました。
「PS Auto Sitemap」と言うプラグインで実現できます。

092005

 

プラグイン > 新規追加 で「PS Auto Sitemap」を検索してインストール

 

 

 

 

 

 

 

 

092006

 

インストールが終わったら、プラグインを有効化

 

 

 

 

 

 

 

 

092008

 

設定 > PS Auto Sitemap から設定画面を表示、
出力したいページにチェックを入れて、出力階層制限を指定、

その他設定項目を選んだら、変更を保存。

 

 

 

 

 

 

WordPressでサイトマップ

 

その後、サイトマップを表示させるページを作成するので、
固定ページ > 新規追加
本文内にプラグインで指定されている下記を記述

作成した記事のcontent部分に、HTMLモードで以下のコードを入力します。	
<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

投稿を保存したら、アドレスバー内で記事IDが確認できるので、その番号を設定画面、サイトマップを表示する記事欄に入力して完成。

 

 

 

WordPressでSitemapページを生成

 

いくつかデザインも選べるサイトマップページが完成。


WordPressでGoogleに登録するサイトマップ(xml)を設定する方法

SEO対策などでGoogleに登録されるようにする為、Google Search Consoleにサイトマップを登録する際、WordPressでサイトマップを生成する為のプラグインがあるので、その導入方法

Google XML Sitemaps

「Google XML Sitemaps」 と言うプラグインで生成できます。
WordPressメニューのプラグイン > 新規追加 > Google XML Sitemaps
を検索

 

 

 

 

 

 

 

Google XML Sitemaps

 

インストールできたら、プラグインを有効化

 

 

 

 

 

 

 

 

Google XML Sitemaps

プラグインの設定から、XML Sitemapを選んで、設定画面を表示

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Google XML Sitemaps

 

基本的な設定: Var4.0.8
Google にブログの更新を通知
Bing (旧名 MSN Live サーチ) にブログの更新を通知
サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加
には全てチェックを入れておきます。

高度な設定:
私の場合は、全て設定なし、チェック無しで運用しています。

投稿の優先順位: 優先順位を自動的に計算しない

 

 

Sitemap コンテンツ:
サイトマップに登録が必要なコンテンツ、カテゴリーなどにチェックを入れます。

サイトマップに含めない項目:
サイトマップに入れたくない項目にチェックを入れ、個別に記事も除外できます。

更新頻度の設定 (changefreq):
ページの更新頻度をおおよその間隔で登録

優先順位の設定 (priority):
優先順位は 1.0 → 0.1 で数字の大きい方が優先順位が高くなります。

以上で設定完了
設定を更新で  http://自ドメイン/sitemap.xml が生成されます。

あとはそのURLをGoogle Search Consoleに登録すればOKです

 


WordPressでページ内にAdSenseを表示する方法

WordPressでブログサイト、コーポレートサイトなど運営していると、
なんかページ内が寂しかったり、単に収益を上げたかたっり ;-)
ページ内に広告を表示して収益をもらうなんて方法もあります。

先ず手短で簡単。なのが、googleのAdSense。
アカウント登録をして、発行されたコードをページに貼り付ければOK。
クリックされた分だけ、収益が貯まり、一定額になると振込まれます。

WordPressの場合はofficeialでプラグイン「Google AdSense」があり、カスタマイザーのようにページのイメージを見ながら、広告を貼りたい場所に配置していくことができます。

詳細はこちら ※AdSense ヘルプ – WordPress 用 AdSense プラグインについて
https://support.google.com/adsense/answer/3380626?hl=ja


WordPressで画像挿入ができない

WordPressを使っていて、新規投稿画面で画像の挿入ができない場合。
091501
通常はこんな感じの投稿画面から、
左上のメディアを追加ボタンから写真やら動画やらを追加留守と思いますが、今回はこれが使えない、押せない、クリックできない。って話です。

いくつか調べてたら、どうやらプラグインの問題らしい。
なので、取り敢えず全てのプラグインを停止。
「動いた。」こんな感じで解決でした。
それだと、プラグインが停止したまま。なので、面倒ですが、一つずつ有効化して、試す作業をしていたところ、どうやら一部のプラグインのアップデートをしていないかったのが原因らしい。。。ただ、アップデートした後だったので、再度同じ環境で検証できませんでした。
ので悪しからず。

 

ついでに、WordPressで画像を追加する方法も。
投稿画面で例えば写真を載せたい場合。

091502

写真の掲載したい場所にカーソルを合わせて、左上のメディアを追加をクリックします。

写真では表示形式タブが「テキスト」になってますが、この場合「ビジュアル」にしておいた方が視覚的にわかりやすいと思います。

 

 

 

 

 

091504

 

次に、追加するメディアを選択または、ドラックする画面になるので、掲載したい画像を選択またはドラッグしてください。

 

 

 

 

 

091507

 

メディア(画像)が追加され、詳細を設定したら、「投稿に挿入」で希望の位置に画像が表示されます。

 

 

 

 

 

 

091508

 

こんな感じで表示されたら、あとは通常通りに記事を書いて、「公開」を押します。

 

 

 

 

091509

 

 

記事に画像が掲載できているでしょうか。

 


コピーライト表示の書き方 – HTML、PHP

ホームページ上にコピーライト表示をしたい場合の書き方

通常は下記のように表示すれば問題ないと思います。
Copyright© 2015 SilverMint All Rights Reserved.
©(コピーライトマーク)は

&copy;

と書けば、表示されます。

ただ、環境によっては文字化けしたりの可能性もあるので、ページによっては
Copyright (C) 2015 SilverMint All Rights Reserved.
と書いている場合も見受けられます。

また、WordPressでは年度表示を自動で更新する場合、下記のタグで年度を表示できます

<?php echo date('Y');?>

このサイトでの表記は

<?php echo 'Copyright©'.date('Y').' SilveMint All Rights Reserved.';?>

と書くと表示されますよ。


WordPress タイトルの保護中:を削除

WordPressでは、任意の投稿、固定ページの公開状態を変更して、パスワードを保護することができます。
ページにアクセスすると、下記のようにパスワードを求められ正しく入力しないと次に進めません。
コンテンツはパスワードで保護されています

会員専用ページや、お得意様限定公開など用途は色々考えられますが、WordPressの初期設定状態だと、公開した記事のタイトルに「保護中:」と表示されてしまい美しくありません。

他のページと同じように、タイトルだけの表示に変更しましょう。
と言っても設定はテーマのfunctions.phpに下記を加えるだけ。簡単。

add_filter('protected_title_format', 'remove_protected');
function remove_protected($title) {
return '%s';
}

ただ、テーマの更新などを行った場合、functions.phpの設定が元に戻ります。
更新の際は、必ずバックアップしてからの作業がいいかと思います。


WordPressで日付を表示するテンプレートタグ

WordPressを使っていて、記事の投稿日を表示したい場合があります。
テンプレートの表示したい場所に、
<?php the_time('Y年m月d日'); ?>

<?php the_time('Y/m/d'); ?>

と書くと

また、

<?php the_time( get_option( 'date_format' ) ); ?>

と書くと、wordpressの設定に従った表示になります